制作過程に思うことや日常に関する報告
by alpsglass

作業日誌

益子 舩木倭帆先生吹きガラス個展 


益子に行って参りました。

・益子は古くからある器の産地です。
中でも陶芸がさかんなのですが、
ガラスを教えてくださった先生の
吹きガラス個展がございました。

舩木倭帆先生の個展です。
すばらしい展示会でした。

すばらしいと言いますのは、
作品がすばらしいのは言うまでもございません。
作品であり、器である。
透明感があり、器が澄んでいる。

そして人徳が目に見えるのです。
一番ごまかせないところだと思います。









 

 麦の穂は実が重く成るほど頭を垂れる。
 達人の領域にいくほどに自分に謙虚に
 人に謙虚に、ものに謙虚になります。
 
 今日も良い一日を
 
by alpsglass | 2012-07-29 04:18
<< オリンピック 4年の変化 甲府駅前 ビールフェスタ >>