制作過程に思うことや日常に関する報告
by alpsglass

作業日誌

座禅と集中は似ているのかな?



何かを一生懸命にやるのは良いです。
・それを考えると何も考えないというのも
良いのかもしれません。

集中しているときは何も考えていない時です。
からだが自動モードになっているのですよね。
お坊様が座禅をくむというのと似たところが
ありそうです。

・オリンピックの競技を観ていると
精神力の勝負に見えます。
どの選手もからだのギリギリまで練習して
自動でからだが動くようになっている感覚、
それをあの大舞台で出す難しさ。

レスリングの井調馨 選手はオリンピックが始まる前に
左足首のすじが切れながらに金メダルを取ったと
後で知って感動に似た胸の抑揚を覚えます。

井調選手がスゴいというのと、
人間が練習と経験、そして集中をすべてそそぎ込めた
エネルギーにも興奮します。

座禅は煩悩をすてる作業ですが、
金メダルを取りたいと願う選手たちにも煩悩は
感じられませんよね。

一生懸命、誰でも言える言葉には
奥深いちからが入っています。









 
 今日も良い一日を
by alpsglass | 2012-08-10 06:25
<< 笛吹市 石和温泉花火大会(20... 畑つくり 土つくり 効率 >>