制作過程に思うことや日常に関する報告
by alpsglass

作業日誌

翔ぶこころ

なるべく小さなしあわせと
なるべく小さなふしあわせ
なるべくいっぱいあつめよう

・ザ ブルーハーツの歌詞ですが
とても前向きな詩にきこえます。

なるべく小さなしあわせと、
なるべく小さなふしあわせは、一緒なのですよね。
ひとは真正面から見るものを受け入れているときに
つねに裏側も一緒にみていますので
しあわせと感じているときには、ふしあわせを意識していて
ふしあわせを感じているときには、しあわせを意識しています。

この歌詞だとたくさんのしあわせを見つけようぜ!と
きこえます。

もちろん正面から見ていることを身体に受け入れていますが
ずっと正面が続くとそれがいつの間にか裏になっているのです。
たまに裏側も見ないと、正面だということを忘れてしまう。

お金で言えば、貧乏でもお金持ちでも気持ちの面では一緒なのですよ。
お金持ちは貧乏をみて、自分はお金持ちだと気付きます。
貧乏もお金持ちをみて、自分は貧乏だと気付きます。

・でも自分という人間に戻ったときに、一万円で心からよろこべる人
百円でよろこべる人、百万円でもよろこべない人、
日本の経済のなかから抜け出せば一円でもこころからよろこべる事も
あります。

だからお金がない人でもこころまで貧乏にならなくて良いのです。
自分と向き合っていれば、そのなかで幸せが必ずあります。
いらない情報が多い世の中です。
ニュースは見ないと世の中から遅れるなんて思わない方がいい。
ニュースなんて見ない方が心の豊かさを持てる事もあるのだと
思います。

これからは捨てていく世の中です。
よく考えてみましょう、捨てていって最後に残すものは何か。











 身軽になると こころも軽くなります。
 歩くか、走るか、泳ぐか、翔ぶか。
 
 今日も良い一日を
by alpsglass | 2012-08-14 04:36
<< 南アルプス市 飯野5区 夏... 八ヶ岳マルシェ 2012. i... >>