人気ブログランキング |
制作過程に思うことや日常に関する報告
by alpsglass

作業日誌

<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Antiques What's [アンティーク ワッツ]
a0213955_21131577.jpg


目黒通り沿いにあります。アンティークワッツ。
独立する前からお世話になっているお店です。

オーナーは蝦名芳弘氏

クロワッサン、オリーブ、anan、
フィガロジャパン、PEN、旅など数々の雑誌の編集長
企画に関わっていた方ですが骨董好きが生じて
自身の集めたコレクションを
披露しようと始めたお店です。

お店に出てくる事はあまりなくなりましたが
開店した当時に私のガラスを気に入っていただき
それ以来置いていただく事になりました。

私のガラス以外はすべてアンティークでございます。
「これは何だ?」と思う物から
馬の目皿、唐時代の人形など色々ございます。

どれも蝦名氏の審美眼から選ばれた本物です。

古いだけで良いのではありません。
そこを選別していく審美眼がアンティーク店の
おもしろい所ではないでしょうか。

美術館で大事に並んでるものより
よっぽど魅力があります。

私は蝦名氏の審美眼を信頼しています。

作品を応援していただている
大事なお店でございます。

        AntiquesWhat's(アンティーク ワッツ)
〒153-0063 東京都目黒区目黒4-12-5日東ビル101
tel/fax 03-3710-1550
    
     定休日(火曜、水曜日) 3月は定休日通りのお休みとなります。 
by alpsglass | 2012-01-28 21:44 | 置いているお店
パン窯
a0213955_2134288.jpg

窯と言っても、ガラス窯ではございません。
お手製のパン窯です。

ガラス窯を作っていますと
300度ぐらいの窯はちょちょいのちょい!

と言う訳でもございません。

火が効率よく燃えるには条件がございまして
簡単に言うと

酸素と温度。

なのでまず、
火と酸素をどう結合させるか。

その酸素も冷たい酸素で窯の温度を下げないように、と考えましたり
このタイミングで合わせたいなー、などと考えるわけです。

出来は・・・・。

美味しいパンが焼けました!ピザと焼き芋も。
パンが美味しいのはパンを作った人が良いからかな。
by alpsglass | 2012-01-25 22:04
初制作
a0213955_14175536.jpg
壺のガラスもよく熔けたので
今年の初制作です。

そして今日は、「ザ やまなし」の
追加の取材がございました。

制作風景の撮影。

ガラスは作る時になるべく高い温度を
キープしながら作りますので、
普段の動作は素早いのです。

なので、撮影は大変(撮る方が)
冬とは言え暑いですし。

それでも順序良く撮っていただけました。
ありがとうございました。
by alpsglass | 2012-01-23 14:23
ガラスの原料
a0213955_124945.jpg

溶かす前は、砂みたいにサラサラしてます。

これを1300度の熱で溶かすと
水あめみたいにドロドロになる。

出来上がりは硬くなって
透けて見える物質になっている。

ガラスって姿を次々に変えていくんです。
by alpsglass | 2012-01-21 12:57 | 吹きガラスの道具
小さな花入れ
a0213955_14532443.jpg
高さ6センチほどの小さな花瓶です。

何を生けましょうか。

a0213955_1517326.jpg
この寒い時期には常緑の葉を生けるのも可愛いです。
by alpsglass | 2012-01-19 15:21 | 日々グラス
コートギャラリー国立 「らくえかい展」
「第25回らくえかい展」の
搬入の手伝いに行ってきました。

28年前に始まった「らくえかい」。
a0213955_22454174.jpg

私も小さい頃、皆と一緒に絵を描いたり、スケッチに行ったり
とても鮮明な記憶としてのこっています。

場所は、東京 国立駅南口から徒歩1分にある「コートギャラリー国立」
清潔感があり、作品の格が上がるギャラリーです。
a0213955_22484217.jpg

生徒数もはじめは5人位でしたが、現在は22人います。
教室では楽しみ、絵の完成に期待しながら
技術、絵に対する感性を研鑽しています。
皆さん素晴らしい絵で、見れば心が揺さぶられます。
a0213955_2384771.jpg

by alpsglass | 2012-01-18 23:09
どんど焼き
a0213955_2213926.jpg
どんど焼き
地域によって様々な呼び名があるそうです。

「どんと焼き」「とんど焼き」など濁点の付く場所が違ったり

「ほっけんぎょう」「やははいろ」など全く違う呼び名もあり、おもしろいです。

焼くものもダルマを焼く、焼かないなど色々あるんですが
新年を祝い、今年一年の幸せを祈る行事に違いはないようで
人と人の心が繋がる、温かな行事です。

私は東京の八王子の出身なのですが
小さいころは町の地区で大きく火を焚いて
お団子を木の先に付けて焼きました。
いまでもやってるのかは分かりません。

南アルプスでは今も毎年厄除けの行事として
続いています。

暗くなった夜に、皆で大きな火を囲むのは
体だけでなく心も温まり、自然とほほ笑みがでます。
by alpsglass | 2012-01-16 22:04
MateriaLのシャツ
a0213955_1595674.jpg
福岡の中州にあるMateriaL。
お世話になっている、福岡で話題のお店です。

シャツの他にもセレクトされた商品が置いてあります。

シャツはオリジナルで、着心地、ディテールも素晴らしく
ボタンも貝から採り出している貴重なものを使っています。

お店の細部にまで、オーナーである田中竜也氏のセンスがいきわたっていて
入った途端に世界が変わる印象を受けて感激致しました。

詳しく知りたい方は、マテリアルのホームページまでhttp://material-hakata.com

福岡に立ち寄る際はぜひ行ってみてください。
by alpsglass | 2012-01-14 15:44 | 置いているお店
ガラスを作る道具
a0213955_17224775.jpg
私が使っている道具です。
鋏(ハサミ)
3種類を用途によって使い分けています。

手になじむように持ち手を変えたりするのですが、
自分の使う道具は大抵そうで、
窯も、工房にあるものは自分専用に作ります。

ガラスは熱くて手では触れないので
この道具が手となりますので
とても重要。

使った後は磨いて、いたわります。
道具はそれに応えてくれます。
by alpsglass | 2012-01-12 17:29 | 吹きガラスの道具
始動
ガラス窯
a0213955_2193459.jpg

窯を開けて、中のツボを交換です。
写真は中が見えている状態。

今日は中を掃除して、窯の周辺の掃除をしました。

今年も良く熔けるように頑張って下さいね
お願いしますよ、窯さん!
by alpsglass | 2012-01-10 21:14