人気ブログランキング |
制作過程に思うことや日常に関する報告
by alpsglass

作業日誌

<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
個展日誌( 6 )


 個展の6日目が終了いたしました。

 ・自分以外の人に見てもらうと言うのは
 良い意味での刺激につながります。

 どんな事でもそうなのかもしれませんが、
 思考を内に込めたあとは外にだす。
 逆もまたしかりでございますが、
 その作業というのは、やっぱり一人では
 できない。

 ・意識の問題でございますが、
 他人が意識を持ってるということを
 自分に置き換えてそれを知るのです。
 でも自分の中でわかったつもりな事ほど
 曖昧なことはないとおもいます。

 勘違い、ということでもございましょうか。 
 そういう意味でも人との交流をもてる
 個展は、必要なつくる作業のひとつになっております。











  本日もご来場いただきまして
  ありがとうございました。
  言葉ではすくいきれないものがございます。
by alpsglass | 2012-05-31 22:34
個展日誌 (5)


個展の5日目が終了いたしました。
個展期間の中間地点です。

・dittyで二人の話題と言えば、
昔の話や音楽の話、絵の話など多岐に渡り
たわいもない話をしておりますが、

世代がちがう二人です。
私とすると、とても興味深い話です。

絵の話は、私も自分の意見を持っておりますが
その他の話になると新鮮な気持ちで新しい空間に
顔を出している気持ちになります。

・知らない事を知ったり、
いつもと違う分野に足をいれてみると
いつもと同じ事もいつもと違う角度で見えてくることが
ございます。

きょうが6月3日までのなかびです。
こんなに自分の作品を一同に並べて
じっくり見る事もなかったなあ。

いつも流れている時間のなかに身を置くと
時間の流れのつよさがわかるようです。





















   上から見たり、下から見たり。
   一つのものの中にいくつも表情がございます。
by alpsglass | 2012-05-30 22:10
個展日誌 ( 4 )
個展の四日目が終了いたしました。

・だれも来ない時間がございます。
普段は工房でつくる作業ですので、
いつも前を向いてるわけです。

待つというのはそうではないですね。
よく駅前のラーメン屋さんがチラシを
配るのは待っているだけではなく、前を向くということです。


いつもと違う時間の流れのなかで
いつもと違う思考がうまれます。

いつもは好きな雨も、降らないといいなあと天気を気にしていたり

いつも作品を預かってくれている
お店の方の気持ちもわかったり。

自分の作品をもっと客観的に見る事もできます。
やってみないとわからない事って大事な事なんですね。

これがつくりたいと言うものも
頭のかたすみで生まれてきています。























  本日もご来場いただきましてありがとうございました。
  見つけるたのしみと、見つけられるたのしみ。
by alpsglass | 2012-05-29 22:14
  個展日誌( 3 )
個展の三日目が終了いたしました。

本日も久しぶりにお会いする方、
はじめてお会いする方、
一期一会の出会いがございます。

・つくってるものの中にも、
売れる売れない
使いやすい使いにくいに関係なく
自分がこれをつくりたい!というものがございます。

大抵はあまり反応がないのですが、
これいいね、と言われると
えも言われずにうれしい気持ちになるものです。

・住井氏の雑誌時代の仲間の方々も
いらっしゃいました。
みなさん女性でございます、
つよい女性の先駆けでございましょうか。
まあ昔々、卑弥呼の時代から女性はつよかったんですが。

不思議と、何かが始まる初期には
個性的な方が多いのではないでしょうか。
それは必然にも似たことだと思います。
形式化されていない中で始めることは
力があって良い。

じぶんの仕事を見直すと、
チャレンジの部分でまだ余地が
ありあまっていると思います。









  本日もご来場いただきまして
  ありがとうございました。
  
  ひとつの事をとことんやってみたいと思いませんか。
by alpsglass | 2012-05-28 22:30
個展日誌 ( 2 )
個展の二日目が、終了いたしました。

本日もたくさんの方々、懐かしい方が、
ご来場いただきまして、ありがとうございました。

・テーマのひとつの青という色でございますが
青いうつわが特に合うと思うものというと
あざやかな色のフルーツなどがとても合います。
マンゴーやイチゴなどがとても際立って美味しく感じます。

青は食卓にすずしさをもたらしますが、
他の色を合わせて食卓を演出するのも
ひとつの楽しみにしていただけたらと思います。

・dittyのすぐそばにあるお店 「 Fa-na 」 という
アレンジメントフラワーのお店がございます。
会場の花瓶に生けた花は「Fa-na」さんが
演出してくださいました。
夜はバーになり、お酒も飲めるお店ですが
オーナーの人柄で明るい雰囲気がすてきです。

フラワースクールも開催しておりますので詳しくはこちらまで、
・http://www7b.biglobe.ne.jp/~fa-na_bar_fiorista/




a0213955_22464232.jpg












   本日もご来場くださいまして誠にありがとうございました。
   暑い夏には、涼しげなうつわがよりいっそう際立ちます。
by alpsglass | 2012-05-27 22:23
個展日誌

作業日誌 改め「個展日誌」を期間中書きたいと
おもいます。

・人と言うのは、おもしろいなと
思います。

手作りのものが好きな方、
ひとつのものに自分を投影する方、
ひとつの器に、人と同じ数の思いなり形が
出来上がるようでして

それはまるで、人間の子供が成長していくのと
同じようにうつわにも成長と呼べるものが
存在しているのだと感じます。

人の顔に、うつわの顔。
段々と似ていくこともございましょう。
それはつよく感じいりました。













   初日も無事に終わりました。
   ご来場くださいました皆さま
   誠にありがとうございました。
by alpsglass | 2012-05-26 21:54
 目黒 ・小牧広平 ガラス個展「ギャラリーDitty」・
いよいよですね。

明日からガラス個展がはじまります。
先ほどまで住井氏とふたりで、ああでもないこうでもないと
心地よい空間を模索しておりました。

妥協なく体力と集中の続くかぎりできたのではないでしょうか。
まあ、いろいろと雑談も混じりながら。

雑談は、いいですよ。そこから生まれるアイディアもございますし。
ああ、やっぱりこの人はこれが好きなんだとか
納得できたり。

・住井氏が手がけたCDのジャケットを見させていただきました。
周防義和さんという音楽関係に携わる方なら大抵知っております
大御所のジャケットです。
映画監督の周防正行さんとご親戚です。

ジャケットの写真をみた瞬間に抽象の世界に生きてる人だな、と
わかります。

聞けば日本の抽象画の大家、村井正誠氏に習っていたと言う事で
何かと共通点と言うのは出てきます。

人それぞれ好みはございますが、ものを「みる」という事の中で
似ている世界観があるから仕事をしたかったのかと
原因の根本的な理由が見つかったりもするのです。

さあ、明日5月26日です。
東京、目黒「ギャラリーditty」での個展がはじまります。

ご来場くださいます方々、楽しみにしていてください。










・これは何でしょうか
a0213955_2312787.jpg

  




















     青いなかに浮かぶ白
     白をささえる青

     波間に見え隠れするのが感性でございます。
by alpsglass | 2012-05-25 23:24
  「 ギャラリー ditty 」 Kohei Komaki Glass Exhibition
明日 「ギャラリーditty」に搬入です。
まだ荷作りは終わっていません。

きょうまで制作したものも入れますので
明日の朝、窯から出しましてそのまま直便で持っていきます。

何を持っていくべきか、迷ってしまいます。
迷うぐらいなら持って行ってしまえと
大所帯になるのが目に見えていますので、
住井氏と二人で編集作業が必要そうです。

・編集と言うのは削る作業なのでしょうか

以前に絵を描く時に大事になる事の要素の一つに
空間の中のリズムに乗ると言いましたが
編集も似たところがありそうです。

削る事で見えてくる本質。
生み出す作業の中にも入っている事ですが
生み出すと言うのは、何と言いますか' 熱い'ですね。

脳も体もカッカしています。
その中で見る世界はたましいそのものでございまして
より本能にちかいところでしょうか。



 ditty には、大概いると思います。
 どうぞお気軽に声をおかけください。



a0213955_2254448.jpg


       ・GALLERY ditty (ギャラリーディティ)

        東急目黒線 武蔵小山駅西口より徒歩5分

        東京都目黒区目黒本町5-2-8 101















         いよいよ始まりです。
by alpsglass | 2012-05-24 22:19
BlackBerryBold9900 (ブラックベリーボルド9900)その3
・いよいよ  東京 目黒「ギャラリー ditty」での
ガラス展も三日後にせまってきました。
制作も早めに切り上げて、搬入の準備をいたしておりました。


さて、下の写真が携帯端末の BlackBerryBold9900 です。
携帯電話のアクセサリを販売している「がうがう」さんでカバーを購入いたしました。
カバーをしたまま全てをこなせ、手にフィットする滑り止めつきでございまして、
ソフトタイプとハードタイプのハイブリッド型の携帯カバーです。

Case.Mate の製品ですが、いまはキャンペーン中と言う事で
USBメモリリーダーストラップも付いてきました。

a0213955_23145270.jpg


カバーなしの状態
a0213955_22414240.jpg


このブラックベリーの利点は自分用にオリジナルの
カスタマイズをしていけるところに大きな魅力がありました。

Wi-fi の利用下で、ネットラジオも聴けます。
Tune in Radio と言うアプリをダウンロードすると
聴けるようになります。( 嬉しい無料アプリ )
日本語にも対応していますので問題なく利用できます。

英語をおそれない人にはかっこよく、性能も良く
なかなか素晴らしいです。
他のスマートフォンとは違う(キーボード風に手打ちもできますし)
オリジナルなところを気にいってきています。

          

    しかも家電量販店で購入したところ実質無料のうえ、
    家電量販店で21000円購入できるポイントまで付いてきたので
    お得な感じがいたいます。

















    ・さあ、これからまだ搬入準備の準備です!


a0213955_23132990.jpg

by alpsglass | 2012-05-23 23:22
 BackBerryBold 9900 ・ブラックベリーボルド9900   その2
・いままで普通の携帯電話を利用しておりましたので
携帯電話とスマートフォンの違いが分かっていませんでした。
初心者としてスマートフォンを使ってみた感想ですが、

設定が難しい。

メールをするのにも一苦労と申しますか、
まだ出来ていません。
しかも前の携帯電話のアドレスが消えてしまいました。
何人かはメモに残しておりますが、

いっそのこと、パソコンのメールだけを
使おうかと思ってもいます。
携帯から見れますし
それでも良いのかも入れません。

・便利と思うものも、使いこなせなければ
余計に時間をとられる無用の長物です。
blackBerry は周りで使う人が少ないので
分からない事があれば一人で問題と格闘することになります。

もちろんレスポンスも外観も言う事はないです。
なので、使いこなせる事が重要です。
大変なのですが、これも新しい変化になりそうです。


















   気にいっていますが
   改めて、ものは単純なほど良いと思いました。
   
   うつわも人間も単純がいいです。
by alpsglass | 2012-05-22 23:27